アクセント

英語にも、言葉やアクセントなどの地方訛りがあります。
映画に出る人たちはアクセントのトレーニングを受けてセリフをいうんです。
結構難しいらしい。

あの「ブリジット・ジョーンズの日記」でブリジットを演じたレニーはアメリカ人。
でもイギリス訛りを見事はたしたと絶賛されましたね。

「トゥームレイダー」のアンジェリーナ・ジョリーは、それはもう下手なイギリスアクセントで、
すごい叩かれました、映画の功績もよくなかったとか。

モズ香椎もんですね、地方のアクセントって。
日本語もそうですもんえ、地方のアクセントを真似してみても、
絶対地元の人にはバレます。
どこの国も同じなんでしょうねー、やれやれ。

いえ、やれやれ、、って言ってる場合でもなくてですね、そういう研究をしてて意見を聞かせてくれって言われてます。
どうなんだろう、、これ。。難しいぞ。意見をいうだけでも。

どうしようもないんですよ、アクセントって。
どんなに練習しても微妙なところが違う。
ここはもう開き直った方がいいです、縁起などは。
もしくはそこの地元出身の俳優さんを使うしかないね。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、りゅうのすけが2018年11月 1日 17:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体重計」です。

次のブログ記事は「土葬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。